派遣社員

トップページ

今年(2008年)初めには、景気回復傾向にあると言われていましたが、10月の今では、米国の金融危機の影響で、日経平均が1万円を割るなど急落しています。こんなときになると正社員ではなく、人材派遣会社を使って、何とか対策を立てようとするところも増えるでしょう。

どんな人材

会社が望む人材とは「即戦力」が第一条件となります。そのため、会社としては人材派遣で事業に合う人材を、低賃金で受け入れることができるため、正社員を採用するよりも得だと言えるのでしょう。

「人材派遣」について

人材派遣はその名前の通り、派遣会社に所属している職員が、他の企業に労働力として、人材を提供するというサービスのことです。受け入れる企業も必要なときに必要なだけ人材の派遣を要求し、かつ正社員よりも低賃金で働かせることができるので、かなりの利益を生むことができるのです。そのため、需要はますます大きくなると予測でき、しかも、需要が大きくなると、正社員の採用も少なくなるので、就職氷河期(しゅうしょくひょうがき)はまだ続くと思われます。

人材派遣の仕組み

人材派遣は雇用契約を派遣会社と結んで、人材派遣会社の職員となります。その後、派遣会社と派遣契約を交わしている企業の赴いて、仕事をするという就業形態をとっています。雇用関係は派遣先が決まった際に、派遣会社との間で成立します。そして、派遣期間の終了すると、雇用契約も終了するのです。派遣会社に登録しただけでは、雇用関係は成立しないと言うことです。

雇用契約が結ばれると、派遣会社から派遣先企業に派遣され、具体的な仕事の指示が派遣先企業から言われます。給与は派遣先の企業からではなく、雇用契約を結んでいる人材派遣会社から支払われると言った形になります。その際、派遣の仲介手数料として、派遣会社がいくらか引き、それで人材派遣会社は利益を得ているようです。

人材派遣会社の契約者

人材派遣会社と雇用契約した方には、「仕事内容が選べるから」とか「社員研修でスキルアップがしたい」などの理由で雇用契約を結ぶ方も少なくないのですが、多くの人は「就職先が見つからなかった」と言う答えも多いようです。このように、就職先が見つからず、そのために、利用される会社でもあることは事実なのです。逆に言えば、契約すれば、働く場所を見つけることができるともいえるかもしれません。

それでも、人材派遣会社との契約は当分の間は続けていく予定という回答も過半数を占めると言われています。これは、仕事内容の選択することができ、自分の能力を活かすことができ、企業によっては社員研修制度もあり、より良い職場を探しやすいと言うことが、雇用契約を当分の間は続けていくと考える人が多い理由なのでしょう。良い派遣先が見つからないということもあり、それを回避するために派遣登録も何社も複数登録しているという人も多いことから、良い就職・社員研修のために、人材派遣会社を活用しているというイメージを受けることもあると思います。

つまり、人材派遣という形式の雇用が悪くないということでもあると思います。ただ、最終的には正規雇用で社員研修を受けたいと考えている人が多いようで、そのためのスキルアップや経験を積むことを目的としている人も多いのが分かると思います。

pickup

おすすめ出刃包丁の販売
http://store.shopping.yahoo.co.jp/tokusan55/
デザイン名刺
http://www.macydesign.com/
ポイントカードシステム
http://www.idcard.jp/point_card.html
太陽光発電 アパート
http://www.yokohamah.jp/apm_index.html
大型免許の取得を目指す
http://www.shinshu-komagane.com/pro_driver/

Copyright (C) 2008 派遣社員. All Rights Reserved.